入れ歯にはいくつかの種類がある

入れ歯にはいくつかの種類があります。自身の歯の状態や顎の骨の状態などに合わせて、最適な方法を選ぶようにしましょう。酒類による違いについて、分からないという場合には、歯科医師に相談をしながら決めることも必要でしょう。コストを安く抑えたいという場合には、保険が適用される部分入れ歯がおすすめです。特に天然の歯がある程度残っている高齢者で、噛む力が弱くなっているという人におすすめのタイプです。取り外しをすることが出来るため、メンテナンスも簡単です。

↑PAGE TOP

Menu