歯科検診に行くタイミング

歯科医院は、痛みや銀歯が取れたなどの症状があったときに行くところだと考えている人が多いです。しかし、虫歯や歯周病などのお口の病気は進行性で、痛みがあるということはある程度症状が進んだ状態だという事です。そこで、歯科医院には痛みがなくても検診に訪れましょう。検診を受けるタイミングが難しいと感じる人もいますが、タイミングは年齢などによって大まかに分けることができます。まず、子供の場合は虫歯になりやすいだけでなく、歯の生え変わりと言う重要な時期です。お口の健康を守るためにも3~4カ月に1度を目安として歯科医院を受診しましょう。虫歯などがなければ、1回の受診で終わりますし、歯の表面を強化するフッ素を塗ってもらうこともできます。大人の歯科検診に行くタイミングは、半年に1度になります。それが難しければ、自分の誕生月、つまり1年に1度は受診するようにするといいでしょう。歯周病が進んでいる患者さんは、悪化を防ぐためにも3カ月に1度の受診が必要になりますが、歯科医師からその旨の連絡があるでしょう。お口の健康を守ることは、いつまでも自分の歯で噛む喜びを得るばかりか、発音や見た目、消化や吸収にまで影響を与えます。

↑PAGE TOP

Menu