学校の歯科検診で満足しないこと

子供の歯科検診においては、歯医者で行うものの他に、学校で定期的に行うものがあります。時間が確保できない家庭においては、学校で行う検診はありがたいものですが、これは完全に虫歯や歯肉炎などを見つけられるわけではないということを知っておくことがポイントとして挙げられます。本来はより細かい部分や、歯周ポケットの深さなども調べてもらいますが、学校の児童や生徒全員のそれらを見ることは時間的な制約があるために不可能なので、あくまでも最低限のチェックとなります。したがって、たとえば学校の検診で虫歯が見つかって歯科へ訪れた際、他の箇所も虫歯などのトラブルが見つかることがあります。抑えるべきポイントは、学校で行う検診は最低限のチェックとして活用し、その上で歯科の定期検診を受けることです。この二重チェックによって、よりリスクを減らすことが可能となるだけでなく、虫歯などを初期段階で見つけることも可能となります。また、口内のチェックだけでなく、普段の歯磨きの方法を指導してもらうことも効果的です。コツやポイントを教えてもらったり、改善してもらったりすることができ、普段から虫歯や歯肉炎などを予防することができます。

↑PAGE TOP

Menu