「歯肉炎」という口の中の炎症

「歯肉炎」というのは、口の中、とくに歯茎に炎症がある状態のことを言います。歯周病の初期という状態で、歯磨きのときに血が出たり、歯茎が腫れたりします。細菌によってできるプラークが原因で、幼い子どもにも現れる炎症です。痛みがほとんどないのでそのまま放っておく人が多いですが、次の段階に進ませないようにケアをすることが大切です。と言われています。また、歯肉炎になりやすい状態は、疲れているときや風邪などの病気のときです。抵抗力が落ちているときには要注意です。

↑PAGE TOP

Menu