歯科検診がなぜ大切なのか

いつまでも健康な歯で美味しく食事を食べたければ、歯科検診を意識する必要があります。従来の歯の健康に対する考え方は、虫歯になったら歯医者さんに通うという特徴がありました。しかし、虫歯になってしまった歯は完治させることは難しく、一旦は治療ができたかに思えても、20年、30年と経過するうちに再び虫歯が奥へ、奥へと進行してしまい、最後には抜歯する可能性すらでてきます。そこで最近は、虫歯になってから歯医者さんに通うのではなく、虫歯にならないために歯医者さんに通うと考えるようになってきています。具体的には定期的に歯科検診を行い、歯の状態をチェックします。その際には虫歯のチェックだけでなく、歯周病のチェックなども行うのが特徴です。細い針のような器具を歯と歯茎の間から指し込み、針がどこまで入るかをチェックしていきます。また、歯科検診に合わせて、プラークの除去などを行うのも特徴です。プラークはどんなに丁寧に磨いてもすべてを除去するのは困難です。そのため歯科衛生士から定期的にプラークを除去してもらうことが歯周病予防にも非常に重要です。1年に1回必ず健康診断を行うように、1年に1回は歯の健康診断を受ける習慣を付けることが大切です。

↑PAGE TOP

Menu